文化的生活の記録

「旅文学」の小さな本を作り始めました。

フレンチプレスの美味しさ

録画していた『ガイアの夜明け』のコーヒー特集を見た。去年コーヒーにハマってサードウェーブというのは知っていたが、今はもうフォースウェーブまで来てしまっているらしい。 そして今私はスタバで、番組で製作の試行錯誤が紹介されていたエスプレッソアフ…

『断片的なものの社会学』

先日読むと決めていた岸政彦先生の本、当日の晩、あっという間に読了。 断片的なものの社会学 作者: 岸政彦 出版社/メーカー: 朝日出版社 発売日: 2015/05/30 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (44件) を見る 大学の先生は当たり前だ…

無視は最大の……

無視は最大のナントカというけれど、正しい表現と出典はよく分からない。最大の攻撃だとか侮辱だとか。いずれにしても腑に落ちることが多々ある。 会社員時代、週に一度は会うほどの仲の良い友達にいきなり無視されたのは、共通友人の結婚式会場でのことだっ…

雨の日

Amazonで注文する用事が発生したところで、ふと「最近本を読んでないな」と気づいてしまった。近所の小さな図書室を利用したり、スキマ時間に本を読むことはあるけれど、全て手元にずっとある本。新しく購入したものがない。日々スマホを通して新しい情報に…

100mにも満たぬ低い山

我々が事あるごとに「山頂で食べるおにぎり最高…」と呟いていたためか、休日の昼前に夫が「よし、今から山へ行こう」と重い腰をあげた。アウトドア大嫌い派の夫が山へ!このチャンスを逃すわけにはいかない。 「でも行くのは標高50数メートルの山だよ。登山…

舐めるように地図を読む

今日は時間があるから山に……と思ったが、すべき事がいくつか舞い込んだので延期とした。すべき事のひとつは「子どものGPSを購入する」。この度新潟で発生した「小学生が下校中事件に巻き込まれ窒息死させられた状態で電車にはねられ発見される」という悲しく…

またも、秋の文学フリマ東京に向けて

またゴールデンウィークだ。去年もゴールデンウィークに「本を作って文学フリマに出よう」と思ったのだった。 今年も5月6日に東京で文学フリマが開催されて、私は自分の街で自分のスマホのツイッターでその情報を眺めていた。そしてまたゴールデンウィークの…

さっきは山、今は街

いきなりだが、子どもと山に登ってきた。「冒険したい」と日頃から言っている我が子の希望を叶えるにはGWがちょうど良い。限りなくインドア志向の夫が出勤の日、我々は近隣の低山に挑戦することにした。 登ってみて気づいたが、世の中には普通に山登りをする…

交換日記

着信音とともにスマホの画面に一人暮らしの祖母の名が現れたとき、先日祖母に贈り物をしたお礼の電話であることは察しがついた。電話に出ると案の定その件を二度繰り返し「気を遣わなくていいのに」などと言われた。元々は祖母のたっぷりとした贈り物が申し…

手が届きそうな場所

産後初のライブハウス。モギリと同時にドリンクチケットを買うスタイル、久しぶり。子ども用にジュース、私はミネラルウォーターを引き換え。窓から街を見下ろしながら話す。 前にここに来たのは浜田真理子さん、BONNIE PINK、それからSAKEROCK。どれも10年…

人間には感情や事情がある

本日二回目の投稿です。ネタを溜め込んでいました。 --- 音楽は人間がやっているので、チームワークなので、バンドが解散したりメンバーが脱退したり、はたまた誰かが加入するとか、有り得ることなのだ。 ずっと一定に同じクオリティで、同じメンバーで、同…

カフェデュモンドのチコリコーヒー

近々子どもを連れてライブに行く。我が子の大好きな大御所ミュージシャンのライブ、いつもと違うハコだからかなりの倍率とは聞いていた。新学期始まって早々の平日だし「チケットは当たらなくてもいいわ、一応応募だけ……」と思いながら申し込んだところ、当…

イタリア珈琲の顔

ちょっとお久しぶりの珈琲沼話である。先日、ご近所のありふれたスーパーに普段見かけない珈琲が売られていた。イタリアだのトリノだの書かれている。なんとなく日本にあまりないデザイン性あるパッケージ。粉タイプのみしかなく、そのなかで深みのありそう…

よしよし

また実母が暴走し、夫の母にまで迷惑をかけていた。実母の新たなる趣味のイベントに夫の母を誘ったのだ。私から見てもなかなかセンスの悪い趣味であり、夫の母も当然断ったとのこと。夫の母は「(私)さんからも(実母)さんによろしく言っておいてね」と優…

着物を着るテクニック

最近久しぶりに着物を着る機会があった。もちろん自力で着るのは無理なので美容院に着付を頼んだ。押入れにしまい込んでいた着物を引っ張り出し、晴れた日に干す。前に着たのは子どもが生まれてお宮参りに行った時だった。今回もあまり長い時間着られなかっ…

世界のどこかで今日も

寝そうで眠れぬ真夜中に、スマホでこのブログの編集画面を開きながら何か書こうかなと思っているところに、西日本で大きな地震が来た。震源地からは遠いがこちらも結構揺れた。 余震も多く心配なので、子どものとなりに布団を敷いて寝ることにする。うつ伏せ…

長期休みは賃貸DIY

新年度ではあるが、まだまだ春休み。子どもとじっくり向き合い過ごしている。休みの最初は疲れた体を休ませることに重きを置いていたが、ここ数日はお互いちょっと飽きてきたところ。明日は久しぶりに街へと繰り出すつもり。11月の東京行きで行ってから、ず…

NHK高校講座で学び直し

自分が通信制の大学に居たせいか、通信教育に関する情報には目を留めてしまう。 新年度であたらしい番組が始まったのでテレビやラジオをチェックしているとラジオの「NHK高校講座」を見つけた。テレビではよくEテレで、子供番組が始まる前あたりに放送してい…

おばあちゃん先生健在

学校は春休み。しかし年度末で退任する先生もおられ、用事もあったので学校へ行った。校長先生にもバッタリ会ったので、子どもがトイレを借りている隙に、ずっと訊こうと思いながらも訊けなかったことを話題にしてみた。 「校長先生は〇〇先生をご存知ですか…

パングラムという言葉遊び

ツイッターで見かけた「パングラム」にぎゅっと心を掴まれた。あなたはご存知だろうか。要は、アルファベット26個や、ひらがな50音を使った言葉遊び。「いろはにほへと ちりぬるを…」と同じような感覚で、限られた文字数(しかも同じ文字を複数回使えない)…

あちら側とこちら側

今更ですが、これが「アラビアのルスカ」です。 週末、子どもの音楽教室イベントが終わりお腹を空かせた我々はブラブラと街を歩く。普段歩かない観光地は外国人と日本人でごった返している。そこから住宅街の方に抜けると、見知らぬ店がたくさん並んでいた。…

好感触の「基礎英語0」

期間限定ポイントが溜まっていたので、何気なく購入した「基礎英語0」のテキスト。出来の良さに驚いた。 基礎英語1〜3といえばNHKラジオで有名な語学番組及びそのテキスト。それが中学生向けであるのに対して、基礎英語0は小学生向け。前にも書いたけれど、…

SKYWARDと翼の王国

夫が出張で飛行機にのるたびに「おみやげは要らないから機内誌を持って帰って欲しい」と依頼するのが毎度お決まりのパターンである。先日もJALに乗った夫が『SKYWARD』を手渡してくれた。 ここ数年私はマイル目当てでANAに乗ることが多い。従ってANAの機内誌…

支柱

↑子どもたちが三人、パート分けして即興アンサンブルをする様子。 我が家が電子ピアノを買う前、ちょうど2歳のバースデーに我が子にプレゼントしたミニキーボードを久しぶりに引っ張り出した。小さい割に優秀で、電子ピアノに無いリズムがたくさん入っている…

クッキーファクトリーにて

子どもの学校で保護者の作業に取り組む際、偶然知っているお母さんとペアになった。前にも同じクラスで、お互いの子どもが入学当初から不安で泣いたり大人しかったりするタイプ。何度か話すたびにお互い励ましあっていた気がする。今回は「お互い成長しまし…

おまかせ定期便、届く

時折TwitterでつぶやいていたZOZOTOWNのおまかせ定期便の話。「きれいめ」「カジュアル」などの希望するジャンルを選択、自分の好みやサイズ、希望しないものなど詳細な情報を入力するとZOZOTOWN側の人(おそらくそれ専門のオンラインスタッフ。在宅ワークみ…

大人になんかならないで

入浴中、湯船で子どもは卒業式の歌をうたう。普段学校で卒業式の練習をしているからだろう。毒されていないまっすぐな声。まだ年相応に幼い子どもなのだなと実感する。 私が子どもの頃にも歌った懐かしい歌。四季折々の景色が歌詞に盛り込まれている。子ども…

大人と子どもの英語学習

忘れた頃にやってくる放送大学の話題。学期末ということで来学期の科目申請を行ったところ、先日承認された旨通知が来た。すなわち学費の振込用紙が来たということでもある。 今学期履修し試験を受けられなかった科目のみとし、新たな履修は休もうかと考えて…

出張と本

例えば『クイックジャパン』のような、分厚くて二段や三段組になってて、細かい文字の本って読みにくい。けれど読み始めて乗ってきたら止まらなくて、分厚いだけに発見も多い。 あの手の本は時間のあるときに読むのがいい。そう思って新幹線や一人お茶時間に…

現段階の日本は結婚して夫婦どちらかの姓を名乗るわけで、私は夫の姓を名乗ることを選んだ。苗字も住所も変わるので会社内での手続きや銀行口座やパスポートや免許証、役所関係の手続きをする煩わしさはあったけど、少しスッキリした気持ちがあった。新しい…