文化的生活の記録

「旅文学」の小さな本を作っています。

緩まないような緩み方/自粛生活で買った本リスト

緩まないような緩み方 自粛生活で買った本リスト 追記 緩まないような緩み方 徐々に自粛していくよりも、徐々に自粛を解いていくほうが難しいと思うのは私だけだろうか。どこをどう緩めたらいいんだっけ。もちろん緩めすぎて再度の緊急事態になってもいけな…

季節に置いていかれても

トイレットペーパー、ハンドソープ、除菌スプレー、珈琲、おやつ、米、本、ノート。これらは自粛生活で消費ペースが速くなったもの。ハンドソープは売り場の棚がガラガラ。いつも使っていた泡ハンドソープの詰め替えも当然無く、固形石鹸でやり過ごしている…

個人書店ならではの、本との出会い方

画像は「おうち時間」でやむなくお菓子の製造量が増加した結果生み出されたもの。 自分が本好きでリトルプレスまでも作っているせいか、このような状況だとつい本屋さんを応援してしまう。もちろん医療関係・配送・食料などなど、諸々頑張ってくださる皆様に…

各自の持ち場で(新聞掲載こぼれ話・図書館郷土資料に・マドカラさん取扱の件など)

一人時間が足りない 新聞掲載こぼれ話 図書館の郷土資料に マドカラさん 今後の活動 一人時間が足りない 毎日インターネットのどこかには居るが、なかなかホーム(ここ)に戻ってこられなかった。原因は一人時間の圧倒的不足。子どもが小さい頃は手がかかる…

新型コロナとピアノの格闘/新刊通販開始のお知らせ

世の中の情勢が緊迫している時、私はインプットに走る傾向にある。数年前に土砂災害があったときもそうだった。自分が安全な場所におり、またボランティアに行こうにも子どもが小さく難しかったというのもある。そんな私が家族を守りつつも何をすれば良いの…

臨時休校の日々

文フリ広島当日がどんどん遠ざかり、新型コロナの記憶が日々蓄積されているような感覚。とはいえ窓の外は春らしい(時に冬の寒さも戻りつつ)。 * 家族での外食を控えていたがそろそろ限界となり、この週末に食事目的でアウトレットを訪れた。この騒動で閑…

第2回文学フリマ広島のお礼とレポート

開催から2週間近く経ってしまいましたが、文フリ広島に無事出店いたしました。お世話になった皆様・ご出店の皆様・ご来場のお客様、ありがとうございました。毎度おなじみ、出店のレポートや戦利品のご紹介などなどお送りいたします。 会場入りの様子 設営振…

第2回文学フリマ広島・出店の詳細お知らせ

第2回文学フリマ広島【!!!入場無料・入退場自由!!!】に出店し自作の本を売ります。 ◎開催日:2020年2月23日(日)◎時間:11時〜16時【途中トイレや食事など休憩を挟みます】◎場所:広島県立産業会館 東展示館 第2・第3展示場*1◎ブース位置:「E-11」(…

自分も幸せに

小春日和*1、スーパーの袋にモナ王を詰めた年配のご婦人とすれ違う。陽気は陽気だが、新型コロナウイルスやインフルエンザを思うとまだ冬だなと思う。ご婦人がどのようにモナ王を食べるか、ふと想像し止めた。私は小学校へと急いでいたのだった。 この時期は…

【試し読み】新刊『BRANCH_HIROSHIMA vol.2 DOBASHI』

文学フリマ広島が今週末に迫ってきました。新型コロナウィルスの動向が気になる今日この頃ですが、私もマスク・うがい・手洗い・換気で挑みたいと思います。当日も、どうしても人が多いと換気が気になるところ。お客様の出入りでいい感じに空気が循環されま…

【写真】続・カメラの中に入れっぱなしのフィルムを現像してみた/脱稿後

前回の続き。新刊作業にかまけてブログの更新も遅くなったけれど、リバーサルフィルムと110フィルムの出来上がりもかなり時間がかかった。 依頼した写真店で、受付時とは違う店長らしきおじいさんに驚かれる。「いつ撮ったのこれ?昔の?」「最近またフィル…

【写真】カメラの中に入れっぱなしのフィルムを現像してみた

先日ツイートした、コンパクトフィルムカメラの件。 現在手元にあるコンパクトフィルムカメラはこちら(キヤノンFTQLは別室)。しばらく使ってないのでメンテ兼ねてそろそろ動かさないと。LOMO LC-Aとはもう20年近くの付き合いである。インスタントバック+を…

さよならカウントダウン:アルパーク天満屋

広島市西部のショッピングモール、アルパーク。イオンなどの大型ショッピングモールの開業が目立つようになる前から既に存在していた、広島県内でも有名な場所である。1990年に開業。当初はゴールデンウィークの人出が日本全国でも上位にランクインしていた…

続・膝の匂い

この度、過去の記事にコメントをいただいた。 記事下部のコメント欄を見ていただいたらわかると思うが、同じ「幼少時、膝の匂いを嗅いだ経験者」の方からである。ありがたく、そして記事を書いた時期と内容の古さゆえ懐かしさをも感じつつお返事を書いた。 …

「多様性」の多様性/2003年製のトースター

画像は墓掃除の帰りに見た空。 ブログを書いていない間に子どもは冬休みに突入、クリスマスや年末年始の準備など、予想以上に連日駆け足で過ごしている。 その隙間、ぽっかり空いていたちょうどその日、タイミングよく友人母子からお誘いを受け先方のお宅に…

嘘で綺麗に包まれて

ブログを書いては何度も消した。今書いているこれもまた消すのだろうか。呆れと怒りに任せて書いた文章は醜い。 要は「うまいこと嘘で綺麗に包んで美化し発表されたものがある。それを見て人々が感動している。私はそれを見て『それ嘘ですよ』と言いたい気持…

プロフィールに出身大学名を晒す

経歴を記す上での大学名の有無・必要性についてこれまでずっと考えてきた。メディアに出る人に限らず、例えばSNS上で一般人の情報に触れた場合でも同様である。東京大学と書かれていると素直に「おっ、すごい」と思う。一方で、その人を出身校のランクや肩書…

第29回文学フリマ東京:お礼と出店レポート(やっぱり長文)

1週間以上経つのにお礼も申し上げぬままブログも中断、失礼いたしました。おかげさまで無事出店することができました。ご来訪・お買い上げのみなさまに心より感謝申し上げます。3回目でありながら、発見・刺激の多々あるイベントでした。 毎年のことながら長…

【新刊試し読みあり】第29回文学フリマ東京出店の詳細お知らせ

いわゆる「おしながき」です 毎年秋しか出店しないことでおなじみの、文学フリマ東京の時期がやってまいりました。この週末、いよいよ新刊を頒布いたします。そのお知らせと試し読み、そして実店舗での販売等のご連絡などなど。追記事項など発生しましたら順…

続けてきたものを辞めるとき

先日、子どもの習い事のひとつを辞めた。もちろん愛するピアノではなく、公民館的な場所で習っていた運動の習い事である。運動を習い始める前は時間に余裕がたっぷりあったのだが、しばらくしてピアノのレッスンが倍増・コンクールにも出場するようになった…

設営リハーサル

文学フリマ東京も翌週末に迫ってきた。私は脱稿からの風邪や家族のあれこれで2週間もブログ更新せず。そんなに空けるのはこのブログで初めてのこと(のような気がする)。その事実に焦る気持ちなど、世の中からみれば大したことではない。私がブログを書かず…

本の手触り、スマホの手触り

結局10月中に作業完了できぬまま11月を迎えた。新刊の入稿締め切りまであと4日、最後まで足掻いている。モニター越しではなく、いわゆるゲラ、印刷した状態で作ったものを見ていると言い回しの不自然さが湧いて出てくる。地図も追加で描きまくりだ。目が痛い…

柔軟に

今月中に仕上げたいと思っていた新刊、いよいよ下旬となり日々パソコンに向かっている。背後を通り過ぎる夫や我が子が「おっ、書いてるね」などと声をかけてくれる。 ご存知ない方には至極つまんねー話となってしまうが、印刷所に入稿する原稿は通常CMYKとい…

作ると弾くの相互関係

年に一度のペースで我が子は曲を作る。日頃から我が子は曲の断片を鼻歌のように作り、私のスマホ(のボイスメモ)や適当な紙切れにドレミを保存しているのだが、そこから選抜し一つの曲を作り出すのだ。 それを音楽教室の個人レッスンで先生にチェックしても…

小学生、英検5級受験の記録

このブログには時折我が子の英語学習について記載してきた。英会話スクールに通っている人とは違い、ゆるゆると続けてきた英語学習。8月末頃だったか、英検のサイトをぼーっと見ていたところ、次の英検受験日が比較的暇な時期と判明。子どもに「受けてみる?…

引退試合の季節に

プロ野球シーズンもほぼ終わり。引退を発表する選手もみられ、地元チーム・広島東洋カープでも引退試合が行われた。野球選手には色んな形の引退があるけれど、ベテラン選手の場合は自分と同じくらいの年齢になってきた。選手のひとりは入団時から比較的贔屓…

リアルな本屋さん

用事の合い間に本屋へ行った。子どもの「基礎英語1」10月号のテキストを買う。ついでに何か良いものはないかとあたりを見回す。久々に文庫本のコーナーへ。足取りと同じくぶらぶらと目線を送っていると平松洋子さんの本を見つけた。私は彼女の『おもたせ暦』…

ブログには短く、ツイートには長し

人を批判する人、さらにそれを批判する人……などと、批判の連鎖を見かける。批判を大っぴらにする人もいれば、影でこっそりの人もいる。 批判は見ていて疲れることも多いけど、影でこっそりの陰湿さに比べればマシだ。だから私もこんな公の場所に書く。 影で…

誰にも読まれていない本

二ヶ月に一度くらいのペースで、小学校の図書室でボランティアをしている。ボランティアというと奉仕の精神と慈愛に満ち溢れた行為というイメージがあるが、実際は「面白そう」「本に触りたい」「図書室にどんな本があるのかチェックしたい」「参観日以外に…

おしゃれは大変(アンテプリマ カテナチェーン導入編)

以前「おしゃれは大変(アンテプリマ活用編) - 文化的生活の記録」と題し、バッグの買いすぎを防ぐために手持ちのバッグを活かしたい気持ちをブログに書いた。つまりアンテプリマのインナーバッグを購入し活用する話なのだが、あれ以降もアンテプリマのイン…