頭の中に残ったままで

ミクシィが流行っていたころ、私の周りはみんな長文の日記を書いていた。そしてそれをしっかりと読んでいた。今よりずっと若く、時間に余裕のある暮らしをしていたからかもしれない。誰かの日記を読んで「あのひと最近、リリーフランキーの『東京タワー』読…

私がテレビを買った理由

ダイアナ元妃が亡くなったのを知ったのは、一週間ほど経った頃のことだ。高校三年生の二学期が始まり、クラスメイトが「ダイアナさんのニュースばかりで…」と語り出したことがきっかけだ。「どういうこと?ダイアナさん死んだの?なんで?」慌てる私にポカン…

文学フリマに向けて、PDF作成と印刷所の選定

11月23日の文学フリマ出展に向けてそろそろ動かねばならない。気づけば夏休みも終わろうとしている。いつも誰かが家の中に居る生活、なかなかゆっくり作業に向かうこともできなかった。今も子どもが家に居るが、自分のことに集中している。チャンスとばかり…

日曜定休

近隣にあるオシャレな外観の自然派菓子店はほとんど営業していない。出来て数年になるが、仮に開店していても人の気配はない。来客どころか店員も表にいない。日曜に前を通ると定休日だった。住宅街とはいえ、日曜に定休日とはなかなかチャレンジング。 そう…

験担ぎと年輪

出かける前にドレッサーにきちんと座ってみる。カバーを開け鏡を出す。このドレッサーにカバーは付属していないのだが、布でカバーを作った。験担ぎの意味もあり鏡をむき出しにしないよう心がけている。 まだ十代の頃、姿見をむき出しにして使用していた時期…

持ち寄りランチの平日

友人宅にお呼ばれすることになった。「ハヤシライス作るよ」と言ってもらえたので、サラダを持参することにした。よそ様のお宅に持って行くときは彩りをいつも以上に重視する。ブロッコリー、トマト、きゅうり、普段はそこで止まるけれど、今日はボイルした…

作曲風景

子どもの通う音楽教室で、初めて作曲する光景を見た。グループレッスン中に作曲を行うと先生から聞いていたが、いったいどのような行程で作業していくのか見当がつかなかった。ひとつの曲をみんなで?フレーズごとに一人ずつ作るのだろうか。 事前に先生には…

適当に買った傘は長生き

二年前に買った晴雨兼用折りたたみ傘が壊れた。一万円も出して買ったのに、骨と布がバラバラになり脱げていく。裁縫道具で繕えば直るのだろうか。しかしここのところ扱いづらくもあったので、思い切って買い換えた。 先日届いた傘は軽量。楽天のレビューを見…

gifted.3

子どもの知能検査結果をふまえ、医師と面談してきた。いわゆる「IQ」というものは126という結果だった。 ギフテッドの人々はIQ125からという説もあれば130という説もある。総合的なIQが高いのは薄々感じていたので驚きはしなかったが、各項目の数値を見てひ…

私の怪奇現象

幽霊や怪奇現象なんて信じない。あんなことがあった今でも信じていない。けれど起こってしまったという事実はハッキリと残っている。 そのとき私は20歳の学生だった。夏休みに田舎に帰省して、女きょうだいの部屋を借りた。私は高校三年の夏休み、祖母の長…

占いの解釈

夕方、いやもう日の沈んだ夜に洗濯物を取り込みにベランダに出ると、この街でも久しぶりに「涼しい」という感覚がした。昼間は相変わらず日差しが強く暑い日々だが、少しずつ秋に向かっているようだ。 この週末も夫は仕事。私と子どもは家にこもっている。出…

Curry and Coffee

珈琲沼にハマるよりも前に、単純に「美味しいね」と気に入っていた珈琲のお店がある。今回数ヶ月ぶりにそこへ豆を買いに行った。 店に入ろうと入口のドアに手をかけたとき、窓際にガッシリとした腕が見えた。あれ?おかしいな、ここは割と華奢な男性がやって…

大人の三冊

やっとお盆の気配から抜け出しつつある。夫は仕事、子どもも学校へ、そして私は約二週間ぶりにプールへ行く。二回目のプールは、思ったより水圧を感じない。そういえば前回は1コース、今回は3コース。プールの中側にあるコースの方が抵抗が少ないことを思…

好きであること、テクニックがあること

数日ブログをお休みしているあいだに、親族関係の交流で忙しくしていた。夏休み、お盆らしい日々だ。子どももテンションが高く、寝るまでに時間がかかる。ブログを書く自由も奪われていた。 そんななか、今日は放送大学・一学期履修科目の成績発表日だった。…

日常すぎる風景

帰省は一泊と決めていた。夜に他者の気配がすると眠れないと祖母が不満を言うからである。帰省すれば自宅以上に家事労働が待っているし(サマーウォーズばりに人間が居る家なのだ)、夫が盆休みもなく働いている時に妻子が不在なのも気が引けた。 幸いなこと…

雨降り、雨止む

帰省の行程は中学時代から通学で通い慣れたルートを含んでおり、子どもに「あと何分なの」と尋ねられても返答が中途半端になることはない。同じように帰省する人で車内は混んでいる。東北に帰省している友達が「こっち、最高気温25度なんだけど」とメッセー…

絶対生きる

一人暮らしの祖母に電話をした。明日会いに行きます、と。 祖母はもうひとり子どもを産めと言う。「(いま生きている我が子が)死んだらどうするの?」と。 祖母は、早くに亡くした祖母自身の息子、つまり私の父のことを考えているのだ。 私は答える。もう子…

『星の王子さま』が読めない

先日のプチ旅行で「旅先で旅行記を読む」を実現させるべく本屋へ行った。子どもはお気に入り本の続編を見つけあっさり購入決定したが、私はなかなか見つからない。旅行のガイドブックコーナーはあるけれど旅行記は発見できない。 ウロウロしていると『星の王…

「空に星が出てるよ」

日本列島に台風が上陸する今日、私と子どもは旅に出た。目的はある大御所ミュージシャンのライブ。このブログにも書いたとおり五月にも地元でのライブを観ているのだが、そのときは立見。持参の折りたたみ椅子で何とか乗り切り充分に楽しんだのだが、やはり…

旅先に持っていく本

私の世界は「家族、子どもの学校と習い事、SNS」で出来ている。そのくらい狭い。そして今日もSNSで友人知人の動向を眺める。 ある知人が仕事で英語圏に数週間滞在している。普段はSNSであまり発信しない彼も、珍しくちょっとした投稿を頻発させている。今日…

エアコンの効いた部屋で

金曜をもって、子どものオールイングリッシュなスクールの短期クラス通いが終わった。私も早朝と帰宅後に忙しく家のことを済ませる日々から解放された。本人に感想をきくと「少し寂しいだけで、やっと終わった〜!という感じ」と素直に述べていた。 やはり別…

水深2m超

そのプールに入るのは18年ぶりだった。そしてきちんとプールで泳ぐのもその日以来のこと。自動販売機でプール券を買って受付に出す。エントランスを通ると懐かしいプールの香りがした。 平日の昼間から公立のプールに来る人など限られている。更衣室には誰…

スタバで「コンビニコーヒー」

先日コーヒーセミナーを受けたスターバックスで、今これを書いている。 今朝も子どもをスクールに送り、先生に「昨日はランチの時に照れながらもちゃんとCan I have more rice?と言ってくれましたよ」と教えてもらう。すごいじゃん、ちゃんと言えてるじゃん…

秘密基地にて

暑さに耐えかねて自動販売機で買ったコークを飲んでいる。このコークはカロリーゼロ、しかもトクホというからきっと体に良い。骨は溶けない。 子どもをスクールに送って、同じようにお子さんを送りに来ていた同じ幼稚園のママさんと話す。「昨日水着買えた?…

本日のB面:水陸両用、和洋折衷

ショッピングビルの中にあるスポーツショップは、全体的にロコな雰囲気だ。季節は真夏、リゾート向けの華やかで露出の多い水着であふれている。地味なものが見つからないな、と思い店員さんに尋ねる。 Tシャツにショートパンツのギャルなお姉さんが案内して…

本日のA面:サバイバルな時間

今日はブログを二回書こうと思い、この投稿をA面としてみた。 最寄駅近くにある新しいマンションのエントランスから、大群の蝉の声が聴こえる。オシャレなタイルの隙間に植えられた木に、蝉が集まっているのだ。周囲を見回すと、ここにしか樹らしい樹が無い…

フレーバーティーの正体

「週に一度は家族を外食に連れていき、奥さんを休ませてやれ」というのは、結婚当初に夫が「先日亡くなった先輩」に教わったことだった。時折うっかり行かないときもあるけれど、だいたい週に一度の外食は果たされている。今日もその外食に行ってきた。 少し…

レジンに夏を閉じ込めて

ここのところ私に与えられたミッションは、蝉の抜け殻を収集することである。先日、羽化直前の蝉を見た子どもに、改めて蝉の抜け殻を見せたところ異常に盛り上がったのだ。これまでも夏には蝉の抜け殻を見つけて喜んではいたが、実際に触ってブローチのよう…

高校野球に合う飲み物

徐々に高校野球・夏の甲子園出場校が決まっている。先日私も母校の応援に行ってきた。ちょうど子どもも登校で、観戦するだけの時間がポッカリ空いていたからだ。 私が高校生の頃は一回戦負けしか見たことがない母校。ここのところ頑張っていて、応援席には吹…

何もない日の素晴らしさ

夫のお世話になった方が亡くなった。そんなに年も上ではなく、兄のように慕い・時に反発し・相手の懐の深さで自然と仲直りできた話を何度も聞いた。 亡くなったのは不慮の事故によるものだった。交通事故とは違う、まったくこれまでに思いつきもしなかった理…