文化的生活の記録

「旅文学」の小さな本を作り始めました。

本との出会いを逃したくなくて

以前から「夏葉社」の本が気になっていた。「なつはしゃ」と読むのだけど、私は初見で「かようしゃ」と読んでしまったため、どちらだったか忘れてしまう。これを書く前に公式ページで確認した。なつはしゃ。この出版社の名前を知ったのは私の好きなミュージシャン・浜田真理子さんが「冬の本」に文章を寄せていると知ったことから。

この本の執筆陣は非常に豪華。能町みね子さん、キリンジ堀込高樹アニ、山崎ナオコーラさんも書かれているとは!本当は全部のお名前を書きたいけど、書いていたらキリがないので先ほど↑のリンク先をご覧いただきたい。あなたの琴線に触れるお名前がきっとあるのではないかと思う。

夏葉社は島田潤一郎さんという方が一人で立ち上げた小さな出版社だ。詳しい経緯はこちらのインタビューの56回〜58回をどうぞ。夏葉社のスローガン「何度も、読み返される本を。』のとおり、島田さんが本当に読みたい本を刊行しているんだな、というのがわかるラインナップ。装丁も、どれも美しい。

『冬の本』を注文しようと思いながらも随分年月が経ってしまった。刊行されてしばらくしてからその存在を知ったせいもあるが、あまり手に入りにくい本だからつい先延ばしにしてしまう。そうこうしているうちに『冬の本』はhonto*1での扱いもなくなってしまった。またどこかで出会えますように。そう思いながら公式ページを眺めていると、一冊の本が目に入った。それは『美しい街』。

その見た目の美しさ、そしてこれもまた能町みね子さんの書き下ろしエッセイが付いているというのもあるけれど、検索すると中身も自分に合っている気がする。すでにハッとされられる作品があった。さらにどこかでこの作者の名前をみたことがあるな、と思ったら、青空文庫に彼のページがあるのだった。横書きで出だしを読んだときはあまりピンとこなかった。旧仮名遣いや注書きの多さに目が疲れてしまったのを思い出した。検索で出てきた縦書きのページの美しさとだいぶ違う。

これもコーヒーカップと同じように手にとってその重みや材質を確かめながら買いたいのだが、また先延ばしにしていると永遠に手に入らない気がした。そして詩集を買うのは久しぶり。もしも自分に合わなくても、それはそれで運命だ。私は注文ボタンを押した。

*1:近年ネットでの本の購入はAmazonをメインにしていたが、ポイント稼ぎも兼ねてhontoを利用することが増えた。実店舗とのリンク感も好き。