文化的生活の記録

「旅文学」の小さな本を作り始めました。

スピーカーから流れる音

ボーナスが入ると夫婦各々の財布にいくらか与えられる仕組みとなっている我が家。まるでお年玉を貰っていた子ども時代のようにアレコレ考えを巡らす。思い浮かべるのは美顔器や珈琲用のミルなのだけど。

そんな中浮上したのはBluetoothスピーカーだった。別にBluetoothではなく有線でも良いのだが、スマホやパソコンでスピーカーおよびマイクとして使用できるものを探していたら行き当たったのだ。そろそろ子どもにオンライン英会話を経験させたくて。子どものレッスンにはヘッドセットよりスピーカー&マイクの方が向いているし、親が状況確認できる。

ちょうど通りかかった電器店に立ち寄る。電器店に入るのは半年以上ぶり。心なしかスピーカーコーナーも充実しているように感じた。この街でも大きな店舗に入ったからかもしれない。事前に調べていたSONYのスピーカーは想定内の価格で購入決定。すると隣に素敵な照明があった。

SONY グラスサウンドスピーカー Bluetooth対応 LSPX-S1

SONY グラスサウンドスピーカー Bluetooth対応 LSPX-S1

 

 いや、照明ではなくスピーカー。上部に手をそっと置くと、音楽が波のように流れてくる。明らかに上質。そして真空管のようなビジュアルをうっとりと眺めてしまう。そうかー、しばらくSONY製品を買っていなかったけれど、そういう方向に攻めているのか。素敵じゃないか。

その上質な商品は六万円台。さすがにポンと出せる価格ではない。私は予定通りの品物を購入した。しかしこれも私の耳には充分気持ちの良い、思った以上に良い音の出るスピーカーで感動した。Skypeや電話は若干ディレイがあるものの、通話に問題はない。

夫には「また変なもの買って来たの」という目で見られたが、いざ音楽を流すと「いいねいいね」と喜んでいる。ラジオを流すと話す人によっては聞こえづらさも感じたが、使うにつれて「こなれて」きそうな気がする。もう一台買って両サイドからステレオで流すのも良さそう。FMを流しながら朝食を取るのも爽やかでいい。新たな家時間の充実がみえてきた。