私の悪い趣味

人に言うと「悪趣味だ」とか「あの人、あんなことするんですって……」と陰口を言われてしまいそうな習慣が私にはある。というか、みんなそんな趣味のひとつやふたつあるだろう。「自分じゃちょっと気づかない様な変な癖もしあったならどうしよう」と松浦亜弥が歌ったように。私はその変な癖に自分で気づいたが、それを止めないしこうやって書く。

私の悪い趣味は「接点のあるようで無い人のSNSやブログを見ること」である。検索しているうちに知らない人のブログが面白くてブックマークに追加、定期的に巡回、というのはよくあるだろう。私の趣味はそれに近いようで少し違う。「接点のあるようで無い人」なのがポイントなのである。

もう一年以上毎日チェックしているのは女子高生のSNS。情報を探っているうちにこの子に行き着いた。SNSで言えば友人の友人の友人の友人あたりに位置する。彼女の良さは交際相手が頻繁に変わること。最近の子はSNSに「1month♡あっというまの1ヶ月だったなあ 本間にすき♡ ずっといっしょにいようね」などと交際1ヶ月記念をアップする。「ほんまに」ではなく「本間に」と、間違った変換も非常に味わい深い。お前は本間のお母様か(「渡る世間は鬼ばかり」を見たことある人にしか判らない話です)、などと心の中で言ってみたり。そして2monthsの報告はされないまま破局を迎えるのであった。

同じように奔放な女子高生はたくさんいるのだが、彼女が特別光って見えたのは元彼との友人関係を強調していたところだ。彼氏がいる期間でもそれを曲げない。それゆえに彼氏にふられるのではないか?と私は思う。彼女は今年高校を卒業し元彼とはまったく違う土地の、まったく違う道に進んだ(なので正確に言うと現在の彼女は女子高生ではない)。元彼との関係は今後どうなるのか。ドラマのようにわくわくチェックしている。

他にも「母校が同じで、ほとんど会話をしたことがなかった女性(SNSで事実よりも自分を高め、上から目線の投稿をしている)」「おうちサロンはじめました♡的な女性(この手の人は多く、別のつながりで3件ばかり閲覧継続中)」「地元をもりあげようと頑張る若手議員(個人情報など関係なくアップする写真にときどき映る知人たち)」など、おもしろ案件は多数。うっかりフォローのボタンを押してしまわないように、閲覧専用のSNSアカウントを作り巡回している。

人の痛さを楽しむなんて。自分でも「いやな趣味だな」とは思うのだが、なかなか止められない。読み物として楽しくワクワクしてしまう。そんなことを言っている私も、ここのブログを「なんか痛いおばさんが自分語りやってるぞ」と思われながら読まれているかもしれない。なんだ、お互い様か。じゃあいいか。これからも私は悪い趣味を続けることをここに誓う。