雨の日は新聞記事をスクラップ

日本列島の広範囲で台風の影響があるだろうと言われた今日、家族を送り出してから早めに家事と買い出しを済ませ、せっせと作業をする。家にこもり何かをするというのは、雨の日にぴったりだ。放送大学のオンライン科目レポート締切が間近に迫っているが、溜まりに溜まった新聞の山を放置するわけにはいかない。

一人暮らし時代から現在まで、新聞など購読したことはなかった。会社に行けば新聞はあるし、そのうちネットで新聞記事を目にするようになった。それでも新聞を購読し始めたのは、子どものためである。それまで毎月幼児通信教育の教材を取り入れていたのを、小学生新聞の購読にシフトすることにしたのだ。

時事ネタが子どもにも(大人にも)分かりやすく解説されているという魅力だけでなく、子ども向けの文化・科学・教養などあらゆるジャンルの連載や記事が網羅されている。新聞に書き込んだりするようなシーンもあり(それこそパズルや問題など)、非常に充実している。

なかでもお気に入りの記事を切り抜きスクラップブックに貼り付けようとしているのだが、その取捨選択やスクラップブックサイズの選定に時間がかかり半年経過してしまった。こんな雨の日にある程度進めておかねば。

記事を寝かせたおかげで、冷静に選定は進んだ。三月末に連載が終わったものもあり、残すものを絞りやすくなった。百円ショップで試しに購入したスクラップブックは二種をそれぞれ二冊ずつ。用紙のクラフトっぽいカラーがなんだか落ち着く。連載が溜まれば一冊の本になる。達成感あふれる趣味がまたひとつ出来た。そのうち子ども自身に引き継ぎ、完全に自分の手で行う楽しみと喜びを味わわせてみたい。