マラウィ ポカヒルズ チャカカ

昨日から下腹部に違和感があり、おそらく数年ぶりに膀胱炎だろうな、という予感のもと病院へ行った。待合室のテレビはずっと大雨災害関連。ここ数日大きな雷で眠れないところに夫の変則勤務も重なり、小刻みな睡眠が続いて疲れていたのだろう。腹筋で汗をかいている場合ではなかった。もっと水を。水を飲まなければ。

今日はやっと注文していたミルが届いた。出荷に数日〜一週間かけるタイプの店だったので待たされたのだ。ああ、やっと挽きたてのコーヒーが飲める。アロマついでに利尿作用をください。しかも昨日、よくこちらにコメントをくださるmarさんからの豆が届いたのだ!なんという良きタイミング!この場でもお礼申し上げます、ありがとうmarさん。

marさんの街のご当地コーヒーは、ドアを開け配達の人を迎え入れる時点で荷物の隙間から香りが漂っていた。大袈裟じゃなくて本当だ。子どもと一緒に開封していない荷物を嗅いだのは初めてのことだ。

そして今朝、子どもが出かけたあとにミルが到着。早速夫と挽いてみることにする。コーヒーの袋を開けると、つややかなコーヒー豆が入っていた。お店でコーヒー豆を見ることはあるけど、こうやって近くでじっくりと見るのは初めて。これだけで満たされた気持ちになる。

ミルの内部をアルコールで拭き、乾かし、いよいよ挽く。まずは説明書の秒数に倣って。フタを開けると、ああこれは間違いなく良いコーヒーだ。香りも良い。いつものようにお湯を入れて飲む。やはり間違いなく美味しい。特に後味が良い。また、砂糖との組み合わせも絶妙だ。その豆の名はマラウィ ポカヒルズ チャカカ。呪文のような楽しい名前に、私の体もきっと良くなる(はず)。