珈琲もいいけど紅茶もね

外で家族とお茶をしたときに、何の気なしにオーダーしたフレーバーティーの美味しさにみんなで大騒ぎになった。砂糖がなくても甘くて香りが良い。家でも飲みたいねという話になった。

紅茶といえば、とりあえずルピシアに行けばいいのではと我々は考えた。百貨店や大型ショッピングモールによく入っている紅茶専門店。行ってみると同じフレーバーでも何種類か提案された。最近珈琲でカフェインを摂取しているので紅茶はカフェインレスにしてみる。

帰宅し紅茶のパッケージを開封すると、甘い香りが鼻をくすぐる。一緒に買ってきたケーキと共に、すぐに淹れて飲むことにした。パッケージの説明どおりの茶葉の量・蒸らし時間を守り、確実に準備する。……しかし思ったよりも味がしない。美味しいのだけど薄い。「もっと茶葉を足そう」ということになり、足したら今度は渋みが増す。紅茶ってもしかして珈琲よりも難しいのだろうか。ティーバッグに変えても解決しそうにない気がする。カフェインレスだったからだろうか?

勝手に珈琲より紅茶の方が手軽だという思い込みがあったが、どうやらそれは間違いだったようだ。今回買ったフレーバーティーの茶葉が無くなるまで、ゆっくり自分好みの分量を探っていかねばならない。まるで理科の実験のように。