本の帯の意味

引き続き文学フリマに出す本について考えていた。印刷所の案内に、しばしば「本の帯の印刷」について書かれているのを目撃する。帯も付けるとは本格的だ。

普段本の売り場で帯を目にするが、あれはいわゆる広告文であることはよくわかっている。キャッチコピー、キャンペーンなどの表紙とは違う情報が乗せられ、本の内容を説明したり購買意欲をそそるように出来ている。

みんなあの帯を買ったら捨てているのだろうか。お気に入りの本ならなかなか捨てられない、とかあるのだろうか。一時的に栞のかわりにすることもあるけれど、長時間挟むと本文に帯の色が移ってしまう。帯を巻いたままだと本の出し入れ中に破れることもある。結構、扱いに困るものだ。

ならばいっそのこと、本の帯を印刷してしまう、本の帯ごと表紙のデザインにしてしまうというのはどうだろう。いかにも帯があるように見せかけて、実際はひと続きの表紙なのだ。普通の出版物ならキャンペーンが終わるなどの事情で帯を取り替える必要があるけれど、こちらは初心者インディーズ自費出版。なんでもありで行きたい。