文化的生活の記録

「旅文学」の小さな本を作り始めました。

流線型

休日に家族でドライブ。信号待ちで隣に黒い車が止まった。「おっ、あれレクサスだよ、珍しい形だね」と夫が言う。スポーツカーに近い、流線型に近いフォルム。いいねぇ、高級車の遊び心感じるね、なんて盛り上がる。

ふと運転席の人を見ると、どこかで見た顔。「運転してる人、元野球選手の〇〇さんに似てるね」と私が言うと、夫は一瞬間をあけて言った。「いや、あれは〇〇さん本人だ!」

〇〇さんはキリッとした顔で運転している。現役引退して久しいが、いまも野球に関わる仕事をしている。やはりプロになる人、その中でも生き残る人は違うのかもしれないな。