文化的生活の記録

「旅文学」の小さな本を作り始めました。

美味しいインスタントコーヒー

外に出した洗濯物が芯から冷たく、そして湿っている。凍っていないだけまだマシなのだろうか。そんな年末。

大掃除の過程でネスカフェバリスタを設置した。インスタントコーヒーを使用したマシンのことだ。日頃美味しくミルで豆を挽き本気の珈琲を飲む我が家だが、寒い季節となりいつも以上に珈琲を欲するようになった。しかし一日中カフェインを摂取するわけにもいかない。よって朝一番の珈琲は従来どおりに、そしてそれ以後はバリスタでカフェインレスを飲むようにしている。インスタントコーヒーとはいえ、バリスタで作るとそれなりにちゃんとした味になるから面白い。

元々バリスタを4000円ほどで購入し使用していたのだが、それは思い切って処分した。何故ならネスレの定期購入に加入したからだ。するとバリスタのマシンは自動的に無料でレンタルすることになる。定期購入をやめるとマシンを返納せねばならないが、夫の出勤時は毎日インスタントコーヒーを水筒に入れ持たせているので定期購入ぐらいがちょうどいいのであった。

新しいバリスタが輝くキッチンで、我々は先日録画した「二度目のマカオ」という番組を見た。もちろんバリスタのコーヒーを飲みながら。すると、コロアンにある美味しいコーヒーの店が紹介されていた。とろみのある、甘いアイスコーヒー。それは至って普通の材料で作られていた。なんと、インスタントコーヒーと砂糖に少量の湯を注ぎ、スプーンで300〜500回混ぜるというのだ。そこに氷や水、牛乳を注いで完成。

バリスタにしてもコロアンのコーヒーにしても、何故インスタントらしからぬ美味しさなのか。考えてみると、バリスタもコーヒー制作過程で結構振動がある。カプチーノを作るときは当然ネスレブライト(いわゆるクリープ的なミルクの粉)を泡立てるために振動があるが、そうでないシンプルなブラックコーヒーも結構揺れている。コロアンは先ほど説明したとおり。

なるほど、普通に粉を入れて湯を注いで軽く混ぜる程度ではなく、しっかり混ぜることで美味くなるのか。しばらくマカオに行けそうもないので、自宅で作ってみるとしよう。しかし500回も数えられるかな。家族みんなでやったら楽しいかもしれない。