文化的生活の記録

「旅文学」の小さな本を作り始めました。

『さよなら、田中さん』試し読み

14歳の中学生が作家デビューという記事を、少し前に子どもの小学生新聞で読んだ。中学生が作家デビューというのは過去に何度か聞いたことがあるのでそのまま読み流していたのだが、昨夜「『さよなら、田中さん』のうち、表題作一編が全文公開!」というのを見て慌てて読みに行った。その世界にグイグイと引き込まれ、うっかり夜更かしして全文読み切ってしまったというわけである。

児童文学の素晴らしさは今更私が言うまでもなく知られ、有名な作家さんもたくさん居る。この本の著者・鈴木るりかさんもその一人になるのだろう。かつて、ひこ・田中の本に初めて触れたときの読後感を思い出しながら眠りについた。

↑ここから試し読みできます。子どもがもう少し大きくなったら絶対に読ませよう。

ひこ・田中については過去こんなエントリーを書きました。今日のエントリーは「田中」が多く登場するなあ。