文化的生活の記録

「旅文学」の小さな本を作り始めました。

長期休みは賃貸DIY

新年度ではあるが、まだまだ春休み。子どもとじっくり向き合い過ごしている。休みの最初は疲れた体を休ませることに重きを置いていたが、ここ数日はお互いちょっと飽きてきたところ。明日は久しぶりに街へと繰り出すつもり。11月の東京行きで行ってから、ずっとご無沙汰だった美術館へも行かなくては。

家の中も新年度にあたり模様がえをしている。通信制大学を卒業したら取り組もうと思っていた賃貸DIYにもやっと手を出した。もう卒業して一年以上経過したというのに。

おかげで、我が家はディアウォールやラブリコなどの2×4材専用部品を用い、壁面収納に改革が起こっている。夫が仕事の隙を狙い模様替えをしたときは「別の家に帰ってきたような気がして落ちつかない」と不評であったが、従来の配置のまま家具を壁面収納に変えたことには異論なしだった。単に夫が諦めてくれたのかもしれないが。「なぜ君は普段の掃除を面倒くさがるのに、こういう大掛かりなことは勢いで取り組めるのか」と夫は言う。DIYは遊びの延長だからなぁ。初心者用の電動ドライバーが大活躍である。

それにしても自分がDIYの材料を運ぶ姿は滑稽極まりなかったに違いない。春休みの我が子を引き連れ、ホームセンターから2×4材を二本抱えて歩く私よ。本当はもっと購入したから、ホームセンター側に「すみません、あとで残りを取りに来ます」と言い数往復したのである。周囲の人の目線は気になったけど、それ以上に製作のワクワクが止まらなかった。

まだDIYは進行中だが、見た目の良さだけでなく香りも落ち着くことに気づいた。まるでログハウスに来たよう、と言ったら大げさだが、目が覚めてその周辺に行くと木の良い香りがする。家で出来る長期休みの取り組みとして、DIYはオススメだ。もれなく2×4材運搬ダイエットが付いてきますよ、と。