文化的生活の記録

「旅文学」の小さな本を作り始めました。

着物を着るテクニック

最近久しぶりに着物を着る機会があった。もちろん自力で着るのは無理なので美容院に着付を頼んだ。押入れにしまい込んでいた着物を引っ張り出し、晴れた日に干す。前に着たのは子どもが生まれてお宮参りに行った時だった。今回もあまり長い時間着られなかったけど、着るだけでパリッと身が引き締まり、楽しい時間になった。

これまでにも、たとえば卒業式や入学式で着物を着ている人をチラホラ見かけた。体型が変わっても着られるからいいのよ、と言っている人がいて成る程と思った。あまり体型が変わらなければ母娘で貸し借りも出来るし(私も母と貸し借りした経験がある)便利だ。

そういうのを踏まえて、普段も着物を着るのってなかなかいいと思う。とはいえ現代、特に子どもの学校にフラッと着て行くのにはなかなか勇気が要るが(奉仕作業やバザー、ベルマーク分類作業等は、さすがに無理)、プチ・ハレの日には向いていると思う。ちょっとしたお出かけランチとか。舞台鑑賞なんかもいいね。神社仏閣に行くのも良さそう。

しかし私に足りないのは着物を着る技術。一人で着るには相当な練習が必要そうだ。着付教室に通う人もいるが、そこでは着物を売りつけられたり買わねばならぬ雰囲気に持っていかれるという話をよく耳にする。何にしても練習が必要なのは変わりない。

仮に上手に着られたとしても、着物の色柄合わせのテクニックも必要になる。和服は洋服よりさらに色柄の組み合わせにコツが要り難しいと思うのは気のせいだろうか。いや、そんなことないはずだ。柄と柄を組み合わせてもしっくりくるコーディネートをしている人、心から尊敬する。全体的に落ち着いた色合わせのところに、ピリっと鮮やかなターコイズブルーの帯紐なんか付けてると、おおっ!と思う。

そういえば、あらゆるセンスがまるでダメな私の母や祖母も、なぜか着物の合わせ方のセンスだけはあった。私の持つ着物はすべて母と祖母のセンスで決定されたものだったが、ハズレは無い。特に古い着物は質の良いものが多く助かっている。色々と困ったことの多い人たちだが、この点に関してはありがたく思っている。

世の中には他者の着物の着こなしに文句をつける「着物警察」と揶揄される人もいるし、着物業界の閉鎖的なイメージを拭うのは簡単にはいかないところがあるのだろう。私はその中にポンと入り込む勇気はまだ無いけど、洋服で和服的色柄合わせを楽しんだりして、徐々にその世界に近づけたらなと思う。