文化的生活の記録

「旅文学」の小さな本を作り始めました。

フレンチプレスの美味しさ

録画していた『ガイアの夜明け』のコーヒー特集を見た。去年コーヒーにハマってサードウェーブというのは知っていたが、今はもうフォースウェーブまで来てしまっているらしい。

そして今私はスタバで、番組で製作の試行錯誤が紹介されていたエスプレッソアフォガードフラペチーノを飲んでいる。f:id:left_right:20180528121031j:image

スターバックスでの写真は、どの店舗か分かりにくいから匿名ブロガーには便利)

先日家族で、新しくできたカフェに行ってみた。夫も珍しく参加した登山の帰り、気持ち高ぶるままに新築の店内へと入る。大人が頼んだのは珈琲とチーズケーキ、子どもはレモンスカッシュとチョコレートケーキ。いつもよりちょっと高級な値段設定だったから、半分ドキドキしながら待つ。

やってきたのはフレンチプレスで淹れた珈琲だった。そういえば最近フレンチプレス飲んでなかったね、と言いながら口にした途端「うま…」と言葉が漏れてしまった。フレンチプレス、美味しすぎる。我々が登山でしっかり運動したから?それにしては味わいが半端なく良い。チーズケーキも丁寧に作られているのがわかる。私だけではなく夫も子どもも好反応で、ただ美味しいと言いながら食べる時間となった。

あのフレンチプレスのことが忘れられず、私は先程スタバのレジでフレンチプレスも同時に購入した。スターバックスにはボダムのフレンチプレスの器具が置いてあるのだ。このあと帰宅したら3時のおやつはフレンチプレス、ワクワクソワソワして帰宅途中にこけたり事故に遭わないように気をつけなければならない。そのくらいの浮き足立ち様である。