文化的生活の記録

「旅文学」の小さな本を作り始めました。

子どものオンライン英会話、その後

久しぶりに予約投稿。

子どものオンライン英会話について先日投稿したが、以後お試しののち入会することにした。ただでさえ音楽教室・公民館的な格安運動サークルという習い事があるのに、これ以上!?トータルの額が幼稚園費の月額くらいになってしまうよ!という焦りがあったが、公立小学校の費用は微々たるものだし、通信教育をやっているわけでもないので良しとした。何より、せっかく夏休みのイングリッシュスクールで英語に慣れても、忘れてしまっては勿体無い。私がせっせと単発バイトをこなせば良いだけのことである……。

それにオンライン英会話は私にとっても勉強になる。4月からやっている「ラジオ英会話」もコツコツ続いているし、私自身も以前よりはなめらかに英語が話せている気がする。レッスン前はいつも子どもと「今日先生に何を質問しようか」「(フリートークのコーナーで)どんなことを話そうか」という話をするのだが、それを一緒に考えるのも私の勉強になっている。例えば今日も、絶対「ランチに何食べた?」って聞かれるのは分かっているから「大根って英語で何ていうんだろうね」と子どもが聞いてきた。「ラディッシュじゃないの?」「ラディッシュは赤いじゃん!」(正解はGoogleによるとjapanese white radish / japanese radish)などと話したり。

オールフリートークでも良かったのだが手元にテキストが欲しかったので、定番中の定番、『Let's go』のbeginから始めてもらった。簡単すぎてつまらないかとも思ったが、そのくらいのほうが自信がつく。文法がわからない子にも先生は「Is it 〜?」の返事として「 Yes, it is / No it isn't」と、きっちり返答するように指導してくれる。最初は「言わなきゃいけないのか…」「なんでYes, I will とかYes, I canとかその都度変えなきゃいけないんだよ」と疲れていた我が子だったが、数回レッスンをこなし慣れてきた様子だ。最初は画面の外にいる私にヘルプを要求する目線も多かったが、直近では「自分で話そう」とトライする姿が見られた。こういう度胸をつける訓練でもあるのだろう。

思えば自分の中学生時代も、いわゆる『NEW HORIZON』『NEW CROWN』のような教科書に加えて『English conversation』的なテキストを使っていた。今回の『Let's begin』のように鮮やかな、海外の幼稚園や小学校で使用されていそうなもの。「文法がわからないのにいきなり大丈夫だろうか」と心配しても居たのだが、会話なんて所詮文法を意識せず習得していくものである。小学校という幼い間は先に会話を習得し、そのうえで文法を学ぶと入りやすいのかもしれない。

Let's Go: Fourth Edition Let's Begin Student Book with Audio CD Pack

Let's Go: Fourth Edition Let's Begin Student Book with Audio CD Pack

  • 作者: Ritsuko Nakata,Karen Frazier,Barbara Hoskins,Carolyn Graham
  • 出版社/メーカー: Oxford University Press (Japan) Ltd.
  • 発売日: 2012/04/01
  • メディア: ペーパーバック
  • この商品を含むブログを見る
 

 こちら↓はワークブック。我が家は復習用に取り入れているけど、内容的にはさらに幼児!という感じで小学生には張り合いがないかも。

Let's Go: Fourth Edition Let's Begin Workbook

Let's Go: Fourth Edition Let's Begin Workbook

  • 作者: R. Nakata,K. Frazier,B. Hoskins
  • 出版社/メーカー: Oxford University Press (Japan) Ltd.
  • 発売日: 2011/08/05
  • メディア: ペーパーバック
  • この商品を含むブログを見る