文化的生活の記録

「旅文学」の小さな本を作り始めました。

Queenの与えた影響

f:id:left_right:20190109113252p:image

先月、遅ればせながら映画『ボヘミアン・ラプソディ』を見てきた。今更説明する必要もないほど人気のこの映画。SNSでも大絶賛のコメントを多く見かけ、リアルなお友達数人も興奮の感想を述べていたことから、興味を持っていた。

また、私は音楽映画を好む傾向にあると自覚していたのもある。ミュージカルというよりは「音楽に関する記録映画好き」といったところだろうか。もちろんミュージカルも好きだけど。

というわけで夫や子どもが出かけている日を狙い鑑賞してきたのだが、控えめに言って最高、どハマりしてしまった。買ったドリンクとフードを摂る暇もないほど最初から油断できない映画であった。結局ドリンクはエンドロールで飲み、フードは持ち帰った。

クイーン(Queen)の音楽は今までに何度も耳にしたことがあるし、フレディ・マーキュリーという人も知識として知っていた。クイーンがビートルズと並び有名なイギリスのバンドであることも。だけど腰を据えて彼らの音楽を聴き、その裏にある物語を見せつけられると、ただ聴く以上の感動が押し寄せてくる。

私は高校時代の懐かしい出来事を思い出した。体育祭か文化祭の準備中、学校敷地内を走る軽トラックの荷台に乗った上級生男子集団が、何故かクイーンの『We will rock you』を熱唱し始めたのである。イベントで盛り上がって調子に乗りがちな人々だったので「あー、はいはい」とこちらは冷めた目で見ていた。あれ英語簡単だもんね、なんて意地悪な気持ちを持って。

今思えば彼らの気持ちがよく分かる。あんなにシンプルでノリやすく、人の心を煽る曲を知ってしまったら、そりゃ歌いたくもなるわと。映画を観たあと私は帰りの電車でクイーンに関する情報を検索しまくり、帰宅してからはYouTubeLIVE AIDの動画を確認し「映画のまんまじゃないか、いや、映画が事実に忠実なのか……」と打ちのめされながら、再度その世界に浸ったわけである。

ビートルズが世界および日本のミュージシャンに多大な影響を及ぼしたのは有名な話だが、クイーンもそうだったのだと、じっくり楽曲を聴くようになって気づく。特に楽曲の構成やトラックの重ね方の工夫は映画にも描かれていたように相当研究されており、それに影響を受けないわけがない。

以前このブログにも書いたが、私はかつてチャゲアスことCHAGE&ASKA*1が好きで良く聴いていた。彼らの「なぜに君は帰らない」という曲を久々に聴く機会があり私は驚愕した。これ「ボヘミアン・ラプソディ」じゃないかと。

https://youtu.be/Kcv4kmufGR0

YouTubeのコメント欄やツイッター検索結果でも同様の指摘がみられた。私はこれまで散々この曲を聴いてきたけれど、一度もクイーンとの類似性に気づかずここまで来た。それに気づき改めて曲をじっくり聴くと、ギターやピアノの音が明らかにクイーン寄り。構成は実にボヘミアン・ラプソディ的で、ミュージックビデオで鍵盤がアップになるあたり確信犯といった感じでニヤリとしてしまう。

というわけで間接的にクイーンにしっかり影響を受けていたことが判明した。他にもこのようなケースは多そうだ。これから何か気に入った音楽があれば深くその曲を聴きこみ、影響元を推察するという遊びをしたら楽しめそうである。

*1:彼らのグループ名表記は何パターンもあるが私はこれが好きである