文化的生活の記録

「旅文学」の小さな本を作っています。

柔軟に

今月中に仕上げたいと思っていた新刊、いよいよ下旬となり日々パソコンに向かっている。背後を通り過ぎる夫や我が子が「おっ、書いてるね」などと声をかけてくれる。

ご存知ない方には至極つまんねー話となってしまうが、印刷所に入稿する原稿は通常CMYKというカラーモードが用いられる。しかしこれまで私はずっとRGBを用いてきた。何故ならスマホやデジカメで撮った画像は基本的にRGBだからだ。

私の使っている印刷所はRGBで入稿してもCMYKに変換して印刷してくださるので、それに甘えていた。しかしRGBからCMYKへの変換により、画像は微妙に色が変わってくる。それを私が確認するのは印刷が出来上がってからのことになるのだ。そのため想像と違う色味になることがこれまで何度かあった。

今回はAdobe様に課金しPhotoshop(という画像処理ソフト)も使えるため、自分でCMYKへの変換を済ませた状態で原稿を作成している。一枚一枚ちまちま作業するのは正直なところ面倒だ。

それでも確認の意味を込め作業していたのだが、私よりパソコンに詳しい夫に尋ねてみることにした。するとあっさり「作業を記録して自動処理すれば良い」と、手順を見せてくれた。一瞬で処理されていく何十枚の写真たち。私は心から感動し感謝した。

一年前まで夫には何も言わずに本を作っていたのが、カミングアウトするだけでこんなに世界が広がるとは。長くネットやパソコンを利用し「ググレカス」という言葉の如く自分で限界まで調べることの必要性は重々承知している。自分でコツコツ調べてもこの結果にたどり着いたのかもしれない。しかし「聞くときは素直に聞いた方がなにかとスムーズだ」ということにも気づいた。ここから夫と印刷関係の話も弾んだし、何事も状況次第なんだよな。