文化的生活の記録

「旅文学」の小さな本を作っています。

【写真】カメラの中に入れっぱなしのフィルムを現像してみた

先日ツイートした、コンパクトフィルムカメラの件。

数台のカメラの中に、入れっぱなしのフィルムがあったので現像に出してみた。110カメラ、そしてリバーサルは時間がかかると言われ後日受け取り。先に手元に届いたのはOLYMPUS PEN EE-3の中に入れていたKODAK100のフィルムであった。一体何を撮っていたのだろう。

現像とCD書き込みをオーダーしたので(=プリントはせず)、CDについていたインデックスを凝視すると、なんと2009年にマカオに行った時のものであった。

f:id:left_right:20200120205454j:plain

f:id:left_right:20200120205458j:plain

f:id:left_right:20200120205503j:plain

f:id:left_right:20200120205508j:plain

f:id:left_right:20200120205555j:plain

f:id:left_right:20200120205559j:plain

f:id:left_right:20200120205602j:plain

f:id:left_right:20200120205607j:plain

f:id:left_right:20200120205612j:plain

f:id:left_right:20200120205621j:plain

f:id:left_right:20200120205624j:plain

ハーフカメラだから荒く画質も悪いがデジタルには出せぬこの味。久々に現像に出す喜びを感じた。上記画像はいずれも macbook airの「写真」アプリ内で自動補正したのみ。ハーフ故に36枚撮りなら72枚撮影できることだし、1〜2ヶ月に1本くらい撮影するのもいいかな、と思う。他のフィルムの仕上がりも楽しみだ(そもそもちゃんと撮影できているか不安ではあるのだが…)。