文化的生活の記録

「旅文学」の小さな本を作っています。

臨時休校の日々

文フリ広島当日がどんどん遠ざかり、新型コロナの記憶が日々蓄積されているような感覚。とはいえ窓の外は春らしい(時に冬の寒さも戻りつつ)。

家族での外食を控えていたがそろそろ限界となり、この週末に食事目的でアウトレットを訪れた。この騒動で閑散としているのではないかと思ったからだ。屋外も多いので空気も良かろうと考えた。ところが逆に大盛況。フードコートに溢れかえる人々。我々はアウトレットでの食事を諦め別の場所の回転寿司に出かけた。

回転寿司もまた新型コロナの影響を受けているのではと考えたがそこそこ人がおり、事前情報どおり回転させずオーダー方式をとっていたので安心して食事ができた。しかし食事の際、マスクはどこに置いたら良いのだろう?顎の下にズラすのも不衛生だし、そこらに置くのもなんだか違うし。鞄に入れたら鞄の中が菌まみれだろうし。ティッシュでサンドしようか?

子どもの学校も臨時休校である。通常1ヶ月かかるドリルはこの2週間で既にやり終えてしまった。春休み用に用意していたものも終わりが見えたので、次なる本を求め本屋さんへ出向く。

臨時休校でドリル類の売れ行きは好調という記事を見かけたし、実際愛用のドリルが品切れで取り寄せたりもした。また、納品と打ち合わせで広島蔦屋書店さんを訪れた時も盛況であった。みんな本を求める傾向にあるのか、はたまたアウトレットと同じくみんな我慢の限界なのか、よくわからない。けれど私たちの生活、つまり購買活動はこれからも続く。うがい手洗い換気にマスク、諸々気をつけつつ心も体も健康な生活を送りたいものだ。

まだまだ臨時休校、そして春休みは続くわけで。我が家の展望は次の通り。

・引き続きドリルなど勉強。弱点克服!

・いつも通りNHKラジオで基礎英語。年度終わりでストーリーも終盤、楽しすぎる。

・可能な範囲でグランドピアノのレンタル(レッスンも休みでどんどん感覚が狂っている気がする。こういう時ピアノ弾ける親御さん羨ましい)

・毎日親子で散歩。ここのところ少し遠いスーパーに行くようになった。

・私は筋トレ(最近YouTubeでKEIKOさんの尻トレなどをやっている。5分や7分で出来るのでありがたい。キッチンの床でトドがドタバタ跳ねているような気分だがこれも見た目と健康のため…)