文化的生活の記録

「旅文学」の小さな本を作っています。

手から手に渡る喜び

三ヶ月。あれこれ言い訳しようがないくらい時間が経っているので、逆にしれっとブログを更新できる。

ご無沙汰しておりました。お変わりありませんか。

Twitter等で日々更新のとおり、新刊は完成したものの文学フリマ東京へ行くことは叶わなかった。毎回ここで開催数日前に「文学フリマ出店のお知らせ」と共に新刊のサンプルを紹介していたというのに。今回何も更新しなかったのは「お知らせしたくせに行けなかった」というパターンを極度に恐れていたからだ。そして恐れていたとおり上京叶わず。

よりによって文学フリマ東京の開催された日曜を含む週末は「我慢の三連休」と名付けられた。途中からは私だけでも日帰りで上京をと目論んでいたが、開催直前の金曜には子どもの学校より「外出は極力控えてほしい」旨連絡が入った。これが決定打となった。

文フリ出店は決して不要不急ではないはず、だけどゴロゴロ大荷物を引きずり移動する姿を学校関係者や保護者に見られたら…と怯えもしたのだ。私は結構世間の目を気にするタイプなのかもしれない。

「行って新型コロナにかかるかもしれない、逆に既に知らぬ間に罹患してて、行って誰かにうつすかもしれない。帰ってきてからも…」と頭をぐるぐるさせた数日間だったが、行かないと決めたことで悩みから解放されたのは良かった。

しかし当日は、えも言われぬ喪失感でいっぱいになる。せめて文フリ出店者さんで通販されている方の本を買ったりTweetしたりしよう、それで明るく過ごそうと思った。から騒ぎだったかもしれないけど気は紛れた。

今週に入り、その文フリ当日に種まきのように注文した本が、花を咲かせるかのように続々と届き始めた。楽しい。どの本を読んでも「やはり間違いなかった、買ってよかった」と思った。今日以降もまだ届く予定。しばらくときめきは続く。

また、新刊を置いてくださる広島蔦屋書店さん、ホリデイ書店さんにも納品にお邪魔した。実際に本が店内にある、その感動はいつ訪問しても変わらないが、今回は格別だった。手から手に渡る喜びとでも言おうか。

手から手にといえば。文フリ東京に持っていけなかったがBOOTHの通販でもオープンから続けてご注文いただいた。見つけていただきありがとうございました。私の手からあなたのポストへ。嬉しいです。

苦戦した新刊の表紙も、それはそれで「敢えて」の意味を持つようになったと思いたい。

というわけで、悔しさもあったけれど収穫も大きかった今回。まだ私の本作りの旅は終わったわけではない。12月26日から1月11日はテキレボEX2というWEB上の即売会に参加。そして2月14日には文学フリマ広島に参加予定だ。地元こそ絶対に参加したい。

↓新刊の詳細・サンプルはこちらから。購入先のリンクなども。

敢えてここでいただきます【7th BOOK】 | わたのはらさゆ