文化的生活の記録

「旅文学」の小さな本を作っています。

緊張のコスメカウンター

f:id:left_right:20190710182559p:image

前回のブログを書いてから、化粧下地と色付きリップを買うために百貨店化粧品フロアにあるシャネルのカウンターを訪れた。私は見た目も中身も比較的地味な主婦。普段はドラッグストアのプチプライス・コスメばかりを愛用している。しかし以前もらった化粧下地サンプルがあまりにも優秀で、それ以来下地だけは何度離れても度々シャネルのその商品に帰ってくる。

私の場合、化粧品カウンターに行くには気合が必要だ。ただ商品をレジに持っていくスーパーやドラッグストアと違い、圧倒的に美しき販売員さんと向き合い美容の話をしなければならない。「私ごときがこの"おシャネルさま"のカウンターに来まして申し訳ございません」という気分の方が強いのだ。

さらに、欲しいものだけでなくアレコレとオススメされたりサンプルをいただいたり。それらを全部断って商品だけサッと買う人もいるのだろうが、それは粋ではない気もする。だったらオンラインストアで買えばいいのだから。実際私も忙しい時は何度かオンラインストアで購入した。

加えて今回、下地だけではなく初めて色付きリップを買おうとしていたので、ネットではなく現品を見て買う必要があった。色やつけ心地が合わないと買うことができない。私は口紅の類があまり好きではないのだが、シャネルに色付きリップが存在すると知り試してみたくなったのだ。

当初の緊張をよそに、私のシャネルカウンター滞在は有意義なものとなった。販売員のお姉さんは丁寧に説明してくださり気に入った色が見つかった。ついでにお化粧のお直しもしてもらうと、仕上げに化粧水スプレーのようなものを顔にひと吹き。顔に爽やかな風が吹いたよう。肌も潤い化粧も定着する。ドラッグストアでおなじみのアベンヌウォーターの高級版といった感じで、缶の形状もよく似ている。お値段は8000円、さすがのシャネル価格だ(ちなみにアベンヌウォーターは小さいサイズで5〜600円くらい)。

別に言い訳する必要はないのだが何となく、これを買わない理由を頭の中で探す。「缶だと飛行機の持ち込みは難しいかなぁ…」と呟くと、お姉さんはハッとした顔をし机の引き出しをあける。「飛行機に持ち込めるこんな商品もあります」と取り出したのは別のスプレー。缶ではなくプラスチック容器。さらに私の顔に吹きかけてくださる。こっちの香りの方が好きだししっとり加減も良い。喜んでいると「実はこの商品、3万円でして」と言われ椅子からひっくり返りそうになってしまった。でも替えの瓶が三本付いて3万円なので、コストパフォーマンスを考えると先ほどの缶と大差ないという。しかし、3万円。ご褒美にしてはなかなか勇気のいるお値段。

私の「飛行機」というワードから旅好きであることに気づいてくれたのか、仕上げにお姉さんは香水もすすめてくれた。パリ リヴィエラという名の限定香水。シャネルにはこのような旅にまつわる香水のシリーズがあるそうで、その新作らしい。ムエット(試香紙)にひと吹きした香りの華やかさと爽やかさ、たまらない。一気に夏旅のワクワクした気持ちが湧き上がる。

結局私は予定通り下地と色付きリップだけ購入したのだが、それ以上に受け取るものの多い滞在となった。帰り道も足取りが軽い。エステに一回行ったくらいのリフレッシュが出来た気持ちだ。サンプルでもらった目元美容液のクオリティも半端なく良かった。ああやって化粧品カウンターのお姉さんたちは顧客の心を掴みリピーターを増やしているのだな。

旅にまつわる本を作っている身としても、得るものが大きかった。旅に関する香水を調べるといくつか存在していた。前回のブログにも書いたように、私自身旅先での香りのエピソードは他にもある。いつか旅と香りにまつわる本を作ってみたいという欲求も生まれた。もちろんいま細々と進行中のゴミ処理場の本を作ってから!