文化的生活の記録

「旅文学」の小さな本を作っています。

次の更新こそは(図書館のことと今後の計画)

夫が図書館で本を借りたいというので、ならば私や子の本もまとめて予約して借りてくるよと申し出る。久しぶりに広島市図書館のウェブサイトにログインすると「更新のお願い」が表示された。図書館の貸出利用券は3年ごとに登録情報の確認及び更新が必要で、身分証明書を提示する必要があるのだ。

前回2018年の更新時、私はこんなことをブログに書いている。

前回更新したのは通信制大学編入したときだった。あれから3年が経つのか。更新はカウンターに免許証を提示するだけ。「お手数ですが次回は2021年によろしくお願いします」と言われた。2021年、私はどんな生活を送っているだろう。

図書館の更新と災害の記憶 - 文化的生活の記録

2020年は新型コロナウィルスのことで図書館の利用は1回か2回だったはず。2021年になってもう4ヶ月と十数日経つが、その間に図書館を全く利用していなかった。

近畿地方の感染者が増え、岡山が増え、そして広島も増えてきた。5/11から、広島市立図書館は予約した資料の貸出・資料の返却以外のサービスを休止している。

早くも翌日に予約本入荷完了の知らせが入ったので、中央図書館へと赴く。私はカウンターで身分証を提示し予約した本を受け取る。前回のようにスタッフの人と談笑することもなく、必要最小限の会話とお礼だけ言って部屋を出る。廊下の除菌ボックスに借りた本を45秒入れる。ここまで誰ともすれ違わない。雑誌コーナーに溜まっている老人たちの姿もない。

次の更新は2024年。新型コロナウィルスが収束し世の中が落ち着いていますように。こう書けば叶うんじゃないか、叶ってないと流石に困るぞ、と思いながら書く。

 

そんな今日のツイートと画像。

 

*****

・ブログを書かなさすぎだ。もっと連絡や呟きみたいなのでもいいじゃないかと思ってみたり。気付きや思考を整理・記録することが大事なんだブログというのは!

・テキレボEX2ありがとうございました!

・次は9月上旬の日曜、京都で開催される「第三回そこ文(そこの路地入ったとこ文庫)」です。本人は行きませんが委託の形で開催されます。→満了のお礼と、第一回~第三回の参加サークルさん一覧|そこの路地入ったとこ文庫|note

・同じく9月、どこかの土日で、広島で某イベントを計画中です。これは本人参加予定。詳細は7月ごろに確定すると思われます。

・それに合わせての新刊をうっすら考えています。やっぱ新旧の広島市民球場そろそろ行っとこうか…と思い、夫に相談したら「えっ、もう伝家の宝刀出しちゃうの!?」みたいなリアクションでした。

・三連覇からの低迷のせいか、小学生の間でのカープブームはだいぶ下火になっているようです。。子はもともとカープにそこまで興味を持っていないのですが「こないだクラスの友達と『カープのこと、あんまりよくわかんないよね』みたいな話になった」という衝撃の発言が。これは…そろそろ野球のこと・球場のことをちゃんと本にしておかねばならないのでは、と焦る気持ちが湧き上がりました。何度かどこかで書いていますが、私は球場という建築物が非常に好きなのです。やるなら今月中には諸々着手せねばと思っています。